« てっちゃんのMSX(隠れた)名作ゲームレビュー 第1弾 ミスタードゥvs.ユニコーンズ | トップページ | レトロゲーマー マドカ!(19) 「バレンタインデー」 »

2008/03/23

時城いずみのSYNTAXゲームレビュー #2

時城いずみのSYNTAXゲームレビュー #2

たんす星人が踊りまくります。「タンスタンスレボリューション」
●ジャンル:音楽ゲーム(風味)
●制作:SYNTAXバカゲー班
●発表年:1999年4月号、10月号(2nd fix)
0323_s_t1 第一回から大分間が空いてしまいましたが、SYNTAXゲームレビュー第二回をお送りします。さて、今回とりあげるのは……某有名ゲームのパロディ作品、「タンスタンスレボリューション」です……ってタイトルだけでもう某ゲームというのが何だかバレバレですね。でも、ここはあえて「某ゲーム」で通します(笑)。

0323_s_t2■たんす星人のダンスに酔いしれろ?
 ルールは、下から上下左右いずれかの矢印がスクロールしてきますので、画面上部にあるガイドにその矢印が重なった時にタイミングよくその方向のカーソルキーを押す……という某ゲームそのまんまのルールです。ちなみに、普通のゲームパットでのプレイを考慮してか、例えば「↑→二方向同時押し」といったことはないです。判定はOKとBADの二種類のみ。そしてその横でたんす星人が押した矢印のとおりにタンスの引き出しを引いたり押したりしてタンスでダンスを踊ります。とはいえ、ゲーム中は普通矢印の動きに注目しますので、そちらの方に目を向けるのは至難の業だったりします(笑)。

■あくまでも音ゲー風味
 このゲーム、残念ながら曲は一曲しかありません。最初のバージョンと2nd fixでは曲が違いますが、それをあわせても二曲です。ちょっと残念ですね。ヘルプを見ると曲を募集していたようではありますが、その後新バージョンは出ていませんので、おそらくそんなには集まらなかったのではないかと、推測されます。
 あと、矢印の動きは最初のバージョンではほとんど合ってないんですけど、2nd
fixでは多少改善されてたように思います。

■こんなところにもこだわりが?
0323_s_t3 ゲームを終了し、SAVE&「NV」を選択するとたんす星人が実演するTTR用タンス型コントローラーの広告が楽しめます。結構凝った作りですので、一度は観ることをオススメします。ちなみに、タンス型コントローラー(25万円)は2008年現在販売しておりません(笑)。

■余談
 1999年に開催された「MSX電遊ランド」。この時、SYNTAXブースでは、どなたかが持ち込んだPS用のコントローラーをMSXで使用できるようにするコンバーターを使用し、このTTRを某ゲーム専用コントローラーでプレイするという実演をしました。当時はMSXについては私は何も知らなかったので、「こんなこともできるのか」と結構衝撃でしたね。後に聞いた話では、某ゲームメーカーの人が見に来ないかとヒヤヒヤものだったとかなかったとか(笑)。ちなみにこのイベントで私は初めてNVを手にしました。

■たんす星人再び?
 現在、たんす星人が再び登場する新作「たんす星人とさいもん先生」「恋するバックドロップ」がSYNTAXにて開発中の模様です。登場時期はまだ未定ですが、再び彼の華麗なタンスを見られる日は近そうですね。

 時城いずみ

|

« てっちゃんのMSX(隠れた)名作ゲームレビュー 第1弾 ミスタードゥvs.ユニコーンズ | トップページ | レトロゲーマー マドカ!(19) 「バレンタインデー」 »